九州業界研究セミナー


参加企業紹介






麻生


生まれ育った九州の発展に貢献したい、
人々の豊かな暮らしを支えたい

就職活動を行う上での私の軸は「人々の豊かな暮らしを支えられること」。どんな業界や業種に携わりたいという観点ではなく、仕事を通して人に貢献できることを実感できるシゴトが自分にとって魅力的であると考えていました。また、大学進学を期に地元から離れていましたが、帰省する度に地元への思いが強くなっていることに気づきました。そんな私は、福岡を拠点にしつつ、グローバル展開も視野に入れ、医療、建設、不動産などの社会インフラを中心に麻生グループの中核企業として事業展開し、少子高齢化や地方創生等の社会的に問題視されているテーマに貢献ができる当社に魅力を感じ、入社を決意。アットホームな雰囲気も自分に合っていると思い、決め手になりました。

自分自身に向き合う、
自分が大切にしたいことを考える

学生から社会人になるとういうことは、人生における成長の大きな一歩になると思います。また、その社会人になるための就職活動においては、今まで経験してきた常識とは違った部分や色々な考え方に触れ、悩むことが多くあるのではないでしょうか。その中で、是非考えて頂きたいことは、「自分が何をしたいか」。就職活動は恋愛と似ているという言葉がありますが、周囲の人が良いと考えている企業が必ずしも自分に当てはまる訳ではなく、自分らしく働ける企業がきっとあると思います。そんな企業と出会うためには、自分自身と向き合い、前向きに取り組むことが重要であると私は感じています。皆さんに素敵な出会いがあるよう、応援しています。

大坪あかね/2014年度入社
教育学部
総務人事部

	麻生 予約画面	東京会場
	麻生 予約画面	大阪会場





一度離れたからこそ感じた、九州の人々の温かみ
地元である九州を今まで以上に元気にしたい

私は大学進学で九州を離れ、多くの人と出会いました。しかし一度離れたからこそ九州の人々の温かみやパワーを感じる場面が多くありました。私はその温かみとパワーを直に感じたいという思いと、やはり地元である九州を今まで以上に元気にしたい、そしていつかは生まれ育った大好きな佐賀県に直接貢献できる活動に取り組みたいと思い、就職活動を進めていきました。幼いころから身近にあったイオン九州の会社説明会を通じて小売業の魅力について知りました。小売業は毎日多くのお客さまと接します。お客さまのニーズに応えるだけでなく、お客さまと一緒になって社会貢献ができることに気づきました。こうした小売業の社会的役割も踏まえながら自分が九州で活躍する姿を想像できたからこそ、イオン九州への入社を決めました。

自分の5年後10年後のなりたい姿を見据えて

私は就職活動を始めた当初、仕事とは経験を重ねながら、特定の業務のエキスパートになるというイメージしか持っていませんでした。しかし、多くの企業の方と出会い、お話しを聞いていくうちに、就職後は常に自分なりに目標を持って成長することで、やりがいにつながることに気づきました。イオン九州では意欲さえあれば、自分の5年後10年後のなりたい姿を見据えたキャリアプランを設定し、そのプランに沿った教育やチャンスを掴むことができます。私はこの点が就職先を選ぶ一番の決め手になりました。 就職をすることがゴールではありません。自分のなりたい姿を思い浮かべながら、思う存分、見て、聞いて、調べて、体験して、自分に合った就職先を見つけてください。あなたの目指す姿がイオン九州で掴めるのであれば共に働ける日を楽しみに待っています。

武富 晋彬/2016年入社
芝浦工業大学
システム理工学部 電子情報システム学科
イオン直方店 ホームアプライアンスG

	イオン九州 予約画面	東京会場
	イオン九州 予約画面	大阪会場




岩田屋三越


商売の基本を学ぶには「百貨店」は
ふさわしい場所。衣食住すべてを提案できて、
上質な商品を取り扱っている企業は
百貨店しかない。

「世の中に影響を与えられる人間になりたい」と思うようになり、バイヤーになると決めていました。大学でマーケティングを専攻して、アパレル商社を目指したのですが、「衣」だけでは発信が弱いと感じて衣食住においてハイエンドの提案をする百貨店に興味を持ちました。その中でも300年の歴史がある三越に興味を持ち、三越のロイヤルティをもつお客さまに影響を与えられる仕事がしたいと決心しました。

商品を売るのではなく「生き方を売る」。
ぜひ、ヒト・モノ・コトに関心を。

消費者の生活に対する価値観が大きく変わっていき「自分らしく生きる」ことがテーマになっていると思います。「商品」を売るのではなく「生き方」を売る時代になったのではないかと感じています。百貨店に興味がある方は常にヒト・モノ・コトに関心をもってください。「誰に向けて」発信しているかを考えるとかなり感性が磨かれると思います。その培われた感性が岩田屋三越のお客さまに驚きと感動を与えることになります。

酒見 翔太/2010年度入社
西南学院大学 商学部商学科 卒業
総務部

	岩田屋三越 予約画面	東京会場
	岩田屋三越 予約画面	大阪会場





いちばん大切なのは「家族」
その近くにいたい、九州で働きたいと当社へ

最初から業界を絞らず、説明会に足繁く通い、目で見て、耳で聴いて、魅力を感じられる企業を探していました。全国転勤がある会社も視野に入れていましたが、自己分析を深めていくうちに、「家族を近くで支えたい」、「結婚、出産をしても長く続けたい」という自分の想いを再認識。九州の企業への志望度が一気に高まりました。会社規模が大きく、幅広い業務がある当社なら、仕事をしながら自分のやりたいことが見つけられるだろうと入社。採用担当者の方が親身に相談に応じてくれるなど、真摯に対応してくださったことで、人柄の良い社風を感じられたことも決め手になりました。

人や地域が温かい九州の魅力を感じながら
自分らしく前を向いて成長していきたい

私が思う九州の魅力は、都会すぎず、生活がしやすく、人が温かいこと。とはいえ、まだ知らないことばかりだと思うので、仕事を通じて、九州の魅力を開拓していきたいです。また、一日の大半を過ごし、人生で長い時間を過ごす会社生活だからこそ、自分らしく前向きに明るい笑顔で過ごしたいと考えています。時には思い悩むこともありますが、「勉強になった」、「自分の成長につながった」と感じられるように、いろいろな人との関わりの中で、毎日成長していくことを目標に、精一杯仕事と向き合っていきたいですね。就職活動は、自分のことを深く理解する絶好の機会。いろいろな社会人の方と接することができる機会でもあります。応援していますので、最後まで全力で頑張ってくださいね。

小峠 由布/2010年度入社
経済学科卒業
発電本部 資材契約センター 工事契約グループ

	九州電力 予約画面	東京会場
	九州電力 予約画面	大阪会場





九州人の人情の厚さが最大の魅力
頼れる人がいる心強さを実感

大学時代を関東で過ごしたので、全国を視野に就職活動をしていましたが、「九州で働きたい、地元に貢献したい」という想いが段々と強くなりました。気持ちが定まってからは、九州での就職活動に専念。その中で、当社と出会うことができました。九州で働く魅力はいろいろとありますが、最大の魅力をひとつだけ挙げるとすれば、九州人の人情の厚さだと思います。実際、社会人として働き出すと、学生時代に比べて生活環境はガラリと変わります。そこには、計り知れないたくさんの困難が待ち受けています。そんな時、まわりが自然と手を差し伸べてくれるのはあたたかい人情のある九州人ならでは。頼れる人が近くにいるというのは、本当に心強いもの。その魅力を多くの学生さんに知って欲しいと思います。

福岡から九州、全国を見据えながら成長
自分の能力を発揮できる企業選びを

現在入社8年目。社内でも一人前の技術や知識、経験を必要とされる立場になりました。工事所の所長として、中型から大型までの現場を統括する機会も増えています。その活躍のステージは、福岡だけでなく、九州全県へ。さらに、関東や関西にも目を向けながら、将来を見据えています。就職活動では、数ある企業を自分なりに評価しなければなりません。企業の長所や短所はさまざまですし、イメージと現実が異なることもあるでしょう。後悔しないためにも、たくさんの会社を比較しながら、自分の能力を発揮できる会社、自分自身のイメージに合う会社を見つけてください。

湊 卓哉/2009年度入社
電気電子工学部電子情報学科卒業
福岡支店 福岡支社

	九電工 予約画面	大阪会場




久原本家グループ


地元福岡から世界へ日本食を発信する
熱い思いに共感し、入社を決意しました。

東京の大学へ進学していた為、当初は地元福岡へのUターンを強く希望していた訳ではありませんでした。私が就職活動を行う上で重要視していた考えは、自分自身にも裁量があり、若いうちから活躍出来る企業で働きたいということでした。久原本家グループを知ったきっかけは友人の紹介です。就職活動に対する自分の考えや思いを友人に相談していた時、食品メーカーでありながら、開発から販売まで一貫してグループで担っているユニークな企業がある、と紹介してもらい、そのビジネスモデルにとても興味が沸いた為、東京での単独会社説明会に参加しました。 その際、河邉社長や社員の方の話を聞き、一切妥協しないモノづくりに対する姿勢、感謝の気持ちを大事にする社風、生き生きと働く社員の雰囲気に惹かれ、入社を決意しました。入社を決意したもう一つのポイントが海外進出です。私が就職活動を行っていた時はまだ海外進出を果たしていなかったのですが、本物の日本食を海外にも広げていきたいというビジョンが、私が仕事で成し遂げたいことと一致したことが入社の決め手になりました。

本物の日本食文化を当社の「商品」と「おもてなし」のサービスを通じて世界に浸透させていきたい。

入社3年目、久原本家グループの商品を全米にWeb上で販売するEC事業の立ち上げメンバーに参画し、長期にわたり米国での業務を行いました。EC事業の構築のため、主に商品在庫・出荷管理、発送等のオペレーションを担当しました。 今後は米国に展開する日系のスーパーやレストラン等へ当社の商品の営業活動を行っていきたいと思います。米国に赴任し、多国籍、多文化に触れ、日本食の可能性を肌で感じています。将来的には米国在住の日本の方々だけでなく現地の方々にも、当社の商品、本物の日本食の味、そしておもてなしの心を伝える一翼を担っていきたいと思っています。

古賀徹/2014年度入社
明治大学 政治経済学部 経済学科
経営管理本部 経営戦略部 海外事業推進課

	久原本家グループ 予約画面	東京会場
	久原本家グループ 予約画面	大阪会場






会社説明会で衝撃を受けて進路を変更
情熱をもって、九州の発展に貢献したい

やはり生まれ育った九州という街のために貢献できるということが仕事の原動力になるのではないでしょうか。 私は当初、全国や関西を基盤とする住宅・不動産関係の企業を中心に就職活動をしておりましたが、地元九州の企業にも関心があり、数社の会社説明会に参加しました。その中で、アットホームな社風と仕事に対する社員の熱意に満ち溢れた西部ガスに出会い、この会社で、この人たちと一緒に、地元九州の発展の為に仕事をしたいと想ったことを今でも深く覚えております。 また、福岡は職住近接で、仕事もプライベートも充実できるところが魅力だと思います。私は仕事もプライベートも全力で取り組んでおりますので、公私共にメリハリのある生活を日々送っております。関西から転勤で福岡に来た友人の関西人も永住したいというくらいです。

エコで快適な生活を提供
お客様から選ばれる存在に

エネルギー業界は電力事業に続き都市ガス事業においても小売り全面自由化がスタート致します。西部ガスを取り巻く事業環境は大きく変化する局面を迎えております。このような状況の中で、これからは今まで以上にお客さまに選ばれる企業になっていかないといけません。その為にも、今後はより一層、将来の会社は自分達が創るという意識を強くもって、仕事に取り組んでいく必要があります。九州の企業だけではなく、様々な企業、業種に関心を持って、業界研究に取り組んで下さい。様々な企業やヒトと出会うことで自分自身の価値観が変わったり、ご自身の成長に繋がると思います。このような経験は今しかできません。将来どのような人間になりたいかイメージをしながら、今後の活動楽しんでください。そして、最終的には、九州の発展のために貢献したいという熱い思いを持った方が、九州の企業に増えてくれると嬉しいです。

荒木 佳浩/2008年度入社
文学部 総合人文学科卒業
営業計画部 営業推進グループ

	西部ガス 予約画面	東京会場
	西部ガス 予約画面	大阪会場






皆が共通した想いを持ち
切磋琢磨出来る環境がここにはあります

「人と人とのつながりを大切にする」「縁や絆を深めながら、お互いの良さを尊重しあう」そんな風土を大事にしているのが九州だと思います。大学時代、東京でのひとり暮らし、"九州から離れたからこそ気づいた魅力"と言えるかもしれません。 就職活動をしている時に、10-20年後の未来を想像したことがありました。結婚し、子どもが生まれ、養っていくという人生のステージを、どこで過ごしたいか?と考えた時、やっぱり九州は恵まれている環境だと再認識したのが、Uターン就職のきっかけです。 私たちトヨタ九州で生産している「レクサス」は多くの海外のお客様にお届けしています。地元・九州にいながらも、世界を相手に仕事ができるというのは大きな魅力です。

仕事を通じて地元九州に貢献することが
モチベーションに繋がっています

モノづくりの現場は実際に製造をおこなうスタッフやエンジニアのみならず、その生産設備や部品などを届けていただける仕入先様の協力に支えられています。私は入社以来、「調達」という仕事に携わっています。"より良いものを、安く・安定的に"調達するために重要なことは「お客様に感動してもらえるクルマをつくる!」という想いを仕入先様と共有することだと私は考えています。 同じ想いをもって切磋琢磨し、カイゼンを進めていった先に、互いの成長を感じることができるこの仕事に、非常にやりがいを感じています。就職活動は今後の人生を左右する重要なステップです。今だけでなく、これからの人生を考えたとき、“自分が本当に求めるものは何なのかあまり”この業界”と決めてかからず、色々な軸から考えてみてください。就職活動時期はたくさんの企業の方と話ができるとても貴重な機会でもあります。大変なこともあるかもしれませんが、自分が本当に求めるものが分かれば、自ずと進むべき道は見えてくるはずです。数年後、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

菊川 仁史/2007年度入社
早稲田大学 社会科学部卒業
調達室 設備資材グループ

	トヨタ自動車九州 予約画面	東京会場
	トヨタ自動車九州 予約画面	大阪会場






自分の仕事で、人が喜ぶ、町が活気づく
それが銀行員の醍醐味

私の仕事である営業は、事業性融資や個人向けローン、定期預金、保険商品、投資信託、カード提携など、幅広いニーズに応えるのが仕事です。また、福利厚生サービスを充実させたい企業や、自社ホームページを作成したい企業に、提携先の企業を紹介するなどのビジネスマッチングも行っています。地域にはさまざまなニーズがあり、私たちが何らかのお役に立つことで地域の活性化につながる仕事であることをあらためて実感しています。

「ありがとう」と感謝される喜びと
チャレンジさせてくれる風土にやりがいを感じる

営業の面白みは、私のような若手でも経営者の方と会って話ができること。お役に立つことができ、「ありがとう」と感謝されると大きなやりがいを感じます。とはいえ、営業になってまだ1年。実際のところは、勉強途中で経験も足りない私ですが、お客さまにそのような事情は関係ありませんので、経験不足を別の部分で補うためにも、フットワークの軽さや一生懸命さを見ていただけたらと思いながら日々努力しています。 若手に惜しみなくチャレンジさせてくれる風土があり、わからないことがあれば先輩や上司が丁寧に教えてくれるところ。全社的な研修から支店別のOJT研修まで、学べる環境が充実しています。嬉しかったのは、「今は仕事を覚える大切な時期だから、後悔しないように今のうちに何でもしっかり聞いて欲しい」と上司に言ってもらえたこと。まずは、一人前の営業になることが当面の目標ですが、私自身が周囲の先輩方から温かい言葉を掛けてもらえたように、新人の成長を後押しできる先輩でありたい。そして、社内外から頼られる人間になることが最終目標です。

農塚 頼史/2013年度入社
早稲田大学
折尾支店 営業担当

	西日本シティ銀行 予約画面	東京会場
	西日本シティ銀行 予約画面	大阪会場






記者をめざし全国の新聞社にエントリー
九州に住む人や風土にひかれてIターン

記者を真剣に志すようになったのは、大学4年の終わり頃。全国紙、地方紙にエントリーした中でも、異なる地域性やアジアに近い土地柄など、独特の歴史や環境を持つ九州にひかれて入社しました。横浜で生まれ育った私にとって、他の地域で暮らすこと自体がはじめてでしたが、九州はその土地によって、住む人たちも、風土も異なり、各地で抱える課題・問題や街の話題も異なります。前任の博多まちなか支局では、博多祇園山笠や博多人形など福岡の伝統ある祭りや話題を取り上げる一方、都市の空洞化や福岡大空襲について取材したこともありました。今いる佐世保では、福岡と雰囲気がガラリと異なり、自衛隊など他の地域にはない特徴があるので、これからもどう関われるかを楽しみにしています。

得意分野や好きなことを生かせる仕事で
自分の強みとなる分野を追求したい

実際に働きはじめると、学生の時に思い描いていた新聞社、記者の仕事とは異なる部分も見えてきます。社会問題に切り込む記事を書く人もいれば、日々の街の変化、もっと言えば、記事を書く仕事を通じて、まちづくりに積極的に関わっていく人もいます。自分の得意なこと、好きなことを生かして、新しい発見をできることがこの仕事の魅力でもありますね。就職活動では、カタチに捉われず自分らしさを存分にアピールしてもらえたらと思います。私が目標にしているのは、今後の記者生活で軸となるテーマを見つけること。「これだけは誰にも負けない」という強みを持ちたいです。

梅澤 平/2013年度入社
社会科学科卒業
記者(佐世保支局)

	西日本新聞社 予約画面	東京会場
	西日本新聞社 予約画面	大阪会場






若いうちから地元で
ステップアップしたいと志望
お客さまを身近に感じられる西鉄へ

私は、人情味溢れる地元福岡の街がとても好きです。若いうちから、地元でしっかりとステップアップしていきたいと考え、迷わずUターンを志望しました。 中でも、私が西鉄を選んだ理由は、公共交通事業を担い、お客さまとの距離が近いことに魅力を感じたからです。私たち西日本鉄道にとっては、普段鉄道やバスをご利用いただいている方はもちろん、家族や友人、学生時代の先輩後輩、またご近所の方など身近な方も全てがお客さまです。そのお客さまを、鉄道やバスのみならず、住宅や都市開発、ホテル、レジャーなど幅広い事業で支え、喜びや幸せを提供できることに非常にやりがいを感じ、西鉄に入社しました。

グループや地域との「連携」を活かし
地元の魅力を一人でも多くの方に伝えたい

入社してからは、鉄道部門で、安全に関する取り組みを統括する業務や、営業企画の立案、部門全体を統括する業務に携わりました。駅に行くとお客さまの様々な反応を直に見ることができます。自分の行った業務の成果をすぐに自分の目で見ることができ、その全ての反応にやりがいを感じました。現在は、新規プロジェクトとして新型観光列車導入の検討を行っています。幅広い事業を展開し、地域に根ざして事業を行ってきた西鉄の強みは「連携」です。地域やグループ内の各事業との「連携」を通して、今後、地元の方にも福岡にお越しの方にも、福岡の魅力を存分に感じていただけるようなメニューをどんどん開発し、一人でも多くの方に喜びや幸せを提供したいと考えています。

栗原 伸行/2007年度入社
理工学部卒業
事業創造本部事業開発部

	西日本鉄道 予約画面	東京会場
	西日本鉄道 予約画面	大阪会場






「地元企業の成長をバックアップして、
地域経済の活性化に貢献できる仕事」

私が携わってきたPFI事業は、近年公共サービスに対する価値観の多様化という側面から、九州・福岡でも非常に注目されています。PFI事業とは民間の資金やノウハウを活用して効率的かつ効果的な公共サービス提供を図るという事業で、官民双方のメリットをつなぐ役割を担っています。この事業は入社前に説明会で聞いた「地元企業の成長をバックアップして、地域経済の活性化に貢献できる仕事」にピタリとあてはまります。ですので、当時思い描いていた理想の仕事を今まさに福岡銀行で行っているのだと実感できます。

地域に根ざした金融機関の行員として
オールラウンドな銀行員をめざしています

銀行の仕事は、預金や為替、融資や資産運用といった支店業務、分野ごとの高い専門性が要求される本部業務等、非常に幅広いです。さらに福岡だけではなく九州エリアのトピックス全般にも精通していなければなりません。そんなオールラウンドな銀行員を目標とし、いつまでも学ぶ姿勢を忘れずに、常にチャレンジ精神を持って成長機会を追い求めていきたいと思っています。ぜひ皆さんも具体的に「こんな社会人になりたい」という目標をみつけてください。 目標があれば、物事に対する意識や日々の行動に自ずと変化が生じ、学生から社会人への転身もスムーズに進むはずです。数年後、向上心にあふれた皆さんと九州の地でお会いできる日が来ることを楽しみにしています。

田中 智章/2008年度入社
法学部卒業
本部勤務

	ふくおかフィナンシャルグループ 予約画面	東京会場
	ふくおかフィナンシャルグループ 予約画面	大阪会場